アクセスランキング
「アダルト検索一発サーチ」上で登録された新規のアダルトサイトのご紹介。辛口コメントと共に随時更新していきます。


当ブログにはアダルトコンテンツが含まれていますので、未成年の方は閲覧できません。
尚、当サイトを利用し何らかの不利益が生じても、当サイトの管理者は一切の責任を負う事はできません。
ご理解いただける方のみご利用ください。

気になるサイトの「パーソナル追加」をクリックして、一発サーチ内パーソナルリンクにて
自分だけのリンク集が出来ます。是非ご利用ください。
2009年2月27日アダルトサイト新着情報
本日のアダルト検索一発サーチ登録状況
8件申し込み中2件が本登録となりました。
本日の一押しはありません。

和物アダルトDVD専科 (2009/2/27) [パーソナル追加]
無料和物アダルトDVD専科 毎日追加中 無修正

[管理人]
BitCometなどのP2Pを利用したトレントファイルのリンク集とでも言うべきでしょうか?これでDTIの広告入れたって、正直自分で自分の首を絞めてるだけにしか思えないのですが。


クイーンクイーン (2009/2/27) [パーソナル追加]
サービスが充実しておりますのでよろしくお願いいたします。またおすすめセット商品を動画でご紹介!

[管理人]
アダルトグッズ販売サイト。以前登録があった「スリーゼット・ショップ」と同じ会社が制作してますね。商品内容や動画も同じ。ただこちらの方が明らかに動画の場所がわかりやすい上に、利用者のレビュー(確認時点ではまだまだ少なかったですが)を読んだり書いたりもできるので、使い勝手は格段に向上しています。え?「スリーゼット・ショップ」にもレビューがある?使い勝手が悪すぎて気がつきませんでした(笑)



P2Pは面白いですよ。システム的に。
ただしこんな使われ方をしていたら、アダルトサイト全てどころか、アダルト業界全て、もちろん他の業界もダメになる。

世の中には自分で自分の首を絞めてることはたくさんありますけどね。
客引きなんてのも、結局は自分たちが客を減らしてしまっているんですから。
まあこれについては以上です。一発サーチ的にはこれ以上コメントしません。
正直な話、私はもう少し稼ぎたいですからね。


さて今回はその客引きの話。
ススキノは現在、全盛期に比べてかなり数が減りました。
もちろんしぶとくいますけどねw

もう何年前になるでしょうか?
私は客引きに石(石ころなんてかわいい物じゃない大きさ)を投げられた事があります。
ススキノなんて生まれ育った街(新聞配達もしてたしw)ですから、裏道の全てを知り尽くしています。そして裏道も特に怖くありません。友人宅はこの裏道にあるわけですし。
で、その時相方と通ったわけです。ここが近道になると。

すると何の前触れもなく、突然後ろから石が飛んできました。

幸い当たる事はありませんでしたが、かなり相方のスレスレを飛んだ感じ。
すぐさま相方の腕を引っ張り逃げました。
その間も何かわけのわからない事を叫びながら石を投げてきていました。
相方がいなければ追っかけるところですがそうもいかず、なんだか泣き寝入りのようで気分が悪い。

私の頭にターゲットがロックオンされました(笑)

いやぁ客引きなんて大体行動範囲は決まってますのですぐ見つかるんですけどね。
後日すぐに見つけました。
きょろきょろとしながら近づく私。案の定私に話しかけてきました。
まあセリフはよくある決まり文句。「何探してるの?」と。

「お前だよ」と心で叫ぶ私。

どんだけけちょんけちょんにしてやろうか?と思ってましたが・・・
必死で客引きモード中のこのおじさん(かなりおじいさんよりの年配です)を見てたら、なんだか切なくなってしまいまして・・。

しばらく話をしたあと、訊いてみました。
「何日か前にカップルに石投げてたでしょ?」と。
突然の質問に驚く客引き。なぜか傍にいた別の客引きも引きつった表情。

「あ?ああ・・そうだったかな?あれはほら、なんか絡んできてさ」
「追っ払ってたの?」
「そうそうそう。この辺悪いやつも多いし」
「そっかぁ・・そうだねぇ」
「大変なんだよ。いろんな人がいてさ」

「あれ俺だったんだよね」

「は??」素っ頓狂な声を上げましたw
「石投げられたの俺ね。絡んでなんかないよ」
完全にパニック状態の客引き。言い訳の計算中。なんだか不憫。

「通行人に石なんて投げたらダメだよ」
「・・・」

「当たったら危ないでしょ。通行人に石なんて投げたら」



「どうして通行人に石なんて投げるの」


わざと大きな声で言ってみる(笑)
ひそひそざわざわ。遠巻きにですが周りの人が集まってきました。
そこでタイミングよく警察官の登場。
当然友人に仕込んでおいてもらったのです。客引きと友人が大変だと。

クモの子を散らすように消える他の客引きたち。
私のターゲットも当然逃げようとしますが、腕をつかんで離さない私。
周りに人が大勢いるため無茶も出来ずやや青ざめた表情のターゲットの客引き。


「どうしましたー?」と警察官。
間髪いれず、客引きを捕まえている私の腕を掴む警察官。

違う違う違う!!俺じゃねぇ(笑)


訳を話し客引きを引き渡す私。
被害届けは出さなかったので厳重注意しておくとのことでその場を離れました。
連れられていくじいさんの背中が哀れ。

それが原因でというわけではありませんが、この頃あたりから客引きの取締りが一層厳しくなり、あちらこちらで客引き行為禁止の看板が立ちました。
どうもあとから聞いた話だと、客と客引きだけじゃなく客引き同士のトラブルも色々あったみたいですね。
石投げ事件も私らだけではなく何度かあったらしいです。やはり問題になってたようで。


こんな行為、客に「ススキノに来るな!」と言ってるようなもんですから。
ボッタクリバーもワンクリ詐欺も、人が消えたら成り立たないということにまず気がつけばいいのに。

まあ客引きが全くいないというのもなんだか寂しい気がするので、迷惑がかからない程度に、程々に頑張れと勝手な事を言いたい私がいます。
copyright © 2005 Powered By DTIブログ allrights reserved