アクセスランキング
「アダルト検索一発サーチ」上で登録された新規のアダルトサイトのご紹介。辛口コメントと共に随時更新していきます。


当ブログにはアダルトコンテンツが含まれていますので、未成年の方は閲覧できません。
尚、当サイトを利用し何らかの不利益が生じても、当サイトの管理者は一切の責任を負う事はできません。
ご理解いただける方のみご利用ください。

気になるサイトの「パーソナル追加」をクリックして、一発サーチ内パーソナルリンクにて
自分だけのリンク集が出来ます。是非ご利用ください。
2008年4月22日アダルトサイト新着情報
本日のアダルト検索一発サーチ登録状況
11件申し込み中2件が本登録となりました。
本日の一押しは「食込み マンスジ無料動画ブログ」
食込み マンスジ無料動画ブログ

動画のストリーミング配信ブログ。
取り立てて特徴もなく普通と言えばそれまでなんですが、騙しリンクがないだけ今の世の中では立派(笑)
ぶらりと抜きネタ探ししている方などにオススメです。

食込み マンスジ無料動画ブログ (2008/4/22) [パーソナル追加]
食い込みマンはエロ動画探しまくります。ご期待に沿える動画ひろってきます!

[管理人]
動画の直リンクストリーミング配信ブログ。ブログ名を見る限り期待したんですが、中身は普通の絡みが大半。残念。ただ一応カテゴリ分けもされていて、騙しもないので素直にその辺は楽しめます。何でもいいからとりあえず何か動画を見たいというならオススメ。


SweetSexySounds (2008/4/22) [パーソナル追加]
テレホンセックス真っ最中のエッチでカワイイ女の子のあえぎ声を無料配信!

[管理人]
チラシサイトの「テレホンセックス実践 ファイン」の宣伝サイト。チラシサイトのチラシサイト。盗聴音声の公開(真偽はともかく)もしているようですが、結局はチラシです。



チラシサイトのチラシサイトってすごいなぁ(笑)
別の雑誌に「詳しくは○○誌背面の広告をご覧下さい」と書いてあるようなもの。
ただそれでもコンテンツがあるだけ広告サイトよりはまだマシな部類。

前回何気にすったもんだがありまして、リンク削除ということになったサイトもありましたが、何度も書いてますが本登録になったサイトはいくら酷評でも、本登録にならなかったサイトより数十倍マシということを理解して欲しいところ。
評価するにも値しないサイトがたくさんあるわけです。

見込みがあるからこそ(稀にないのもありますがw)本登録としています。
これだけは理解していただきたいと思います。


人はほとんどの場合褒められたいと内心思っています。
ただそれだけでは絶対に補えない部分も存在します。
だから褒めるのは他人に任せて、私は徹底的に穴を探して弱点を突きます。

後は私のことを煮るなり焼くなりしてもらって結構。
閲覧者とそのサイトが少しでも良くなればそれでいいんです。
私はアダルトサイトという世界が好き。それを作る人たちも好き。

この世界がより良く、みんなが安心して楽しめるようになれるようにと願ってます。


さて今回褒められるだけじゃ駄目みたいなことを書きましたが、世の中には褒められて伸びるタイプとか叱られて伸びるタイプとか、人によって色々なタイプがあるというお話。
ちなみに私は褒められると天狗になり、叱られるとやる気を無くす最高に扱いづらいパターンです(笑)

「褒められ」と「叱られ」の両極端かと思いきや、結構多いんですよ。私のようなタイプって。
こんなタイプは実績を認めつつ、改善点を示してあげるのが吉。

相方はさらにややこしく「慰めあって伸びるタイプ」ですw
「何で駄目だったんだろうねー」「ねー」「次がんばろうねー」「ねー」
周囲のレベルアップと共に自分もレベルアップしていきます。


・・・と、ここまでは全て余談。
読んで損しましたね(笑)


実は何を書きたいかというと「叱られて惚れるタイプは本当にいるのか?」ということ。
漫画でたまにありそうなネタなんですが、自由奔放で父親に叱られたこともないような生意気な娘が、ビンタ一発でコロリというアレ。

あくまで「叱って」でですよ?
SMやスパンキングなどで従順になるのではなし。
「馬鹿モン!」「(私のために真剣に・・ホロリ)」
こんな感じ。

そんな話を昔友人としていたんですが、当時通っていた飲み屋の常連さんにそれを狙った奇特な方がいらっしゃいました。
相手は彼女なんかではなく、ちょっとした知り合いの女性程度の間柄。
やや生意気で世の中舐めてる傾向が強く、親のスネをかじっているのにリストカットしては「親は何も言わない」と、まあかまって欲しい、恐らく推測で「叱ってくれる人が欲しい」んじゃないかと。話を聞いてて私もそう思いました。

「次会った時、またリストカットしてそんな事言ったらビンタくれてやる。」
「本当ですか?!それで自分に惚れちゃうと?(笑)」
「そうそうそう(笑)」

でも本当に心配してるんだとこぼしていたその男性。
漫画ならまさにこれでコロリのホロリ。
それから一ヶ月くらい経ったでしょうか?



訴えられたー!!




気持ちは伝わらず残念〜(笑)
殴られたことがないゆえにそのインパクトは計り知れなかったらしく、キャー!とか殺されるー!とかすごい反応だったそうです。

リストカットまでその男性の責任にされそうになる始末。
ゴタゴタがあったその後店自体がなくなってしまい、結末がどうなったのかわからないのが残念。

彼女は叱られて惚れる、もしくは伸びるタイプではなかったんでしょうねぇw

人の性格の見極めは難しい。
きっちり見極めて褒めたり叱ったりの上司や監督さんはすごいものです。
copyright © 2005 Powered By DTIブログ allrights reserved