アクセスランキング
「アダルト検索一発サーチ」上で登録された新規のアダルトサイトのご紹介。辛口コメントと共に随時更新していきます。


当ブログにはアダルトコンテンツが含まれていますので、未成年の方は閲覧できません。
尚、当サイトを利用し何らかの不利益が生じても、当サイトの管理者は一切の責任を負う事はできません。
ご理解いただける方のみご利用ください。

気になるサイトの「パーソナル追加」をクリックして、一発サーチ内パーソナルリンクにて
自分だけのリンク集が出来ます。是非ご利用ください。
2008年4月4日アダルトサイト新着情報
本日のアダルト検索一発サーチ登録状況
14件申し込み中4件が本登録となりました。
本日の一押しはありません。

アダルト・プレミアム (2008/4/4) [パーソナル追加]
アダルト専門の検索エンジンです!画像・動画・ブログ・風俗等々、無料で検索・登録することができます!

[管理人]
Yomi-Search系検索エンジン。さっぱりとしたデザインで綺麗にまとまってるんですが、それだけと言ってしまえばそれだけです。何か他と差別化できるものが欲しいところ。


アダルトショップAMEDS (2008/4/4) [パーソナル追加]
商品総数60,000点!アダルトDVD&グッズ安く買うならAMEDS!

[管理人]
DVDとアダルトグッズ販売。メインに見えているのはほとんどDVDで、グッズは左のメニューから進んでいくんですが、使い勝手が異常なほど悪くオススメできません。


官能小説セレクション (2008/4/4) [パーソナル追加]
ユーザーが自由に閲覧、投稿、評価できる!官能小説投稿サイト。

[管理人]
官能小説投稿サイト。いわばサイト自体大きな掲示板のようなものです。文章が「続きを読む」等でカットされているわけじゃなく、全て表示されている状態でいくつも並んでいるので、サイトがかなり縦長になっています。簡単に展開出来るようにして短めにするなど、改良の余地はあるかと思われます。


妄想小説 私をレイプして下さい (2008/4/4) [パーソナル追加]
レイプ志願癖がある私の淫らな妄想をレイプ・SM・陵辱・スカトロ系の官能小説として書き綴っていきます。

[管理人]
画像を元に作ったレイプ小説を掲載しています。ただ画像といっても広告先のもので、言ってみれば小説自体も長めの広告文のようなもの。そして援助のお願いと称して広告を並べ、閲覧者に登録させようとするなんて、図々しいどころか立派な規約違反(A8.net利用規約第18条の禁止行為「(2)成果報酬行為の依頼・助長」に該当します)文章力もあり、改行や段落の使い方や文章のテンポなんかもいいのですが、このままの内容ではちょっといただけません。



全てのサイトがちょっと中途半端(もっと中途半端なサイトは削除しました)
作りっぱなしでほったらかしというわけでもないんですが、教科書通りの努力をして、さあ仮スタートは終わったから本番スタート!・・のちょっと前くらいというような(笑)
アダルトグッズ販売サイトは作り自体が中途半端ですけど。

「スタートしたけど客がまだまばらだから登録したんだろバカ!」
・・と言われれば確かにそうなんですけど(実際にこういったメールが着たことがあります。)
閲覧者にとってそんな事情は全く関係ありませんからね。
厳しいんです、スタートをきって走り出すということは。

人が人を呼ぶという言葉は本当にその通りで、何か閑散としたものを感じる所に抵抗を感じる人は少なくありません。
それを感じさせないためには、サクラになりきってサイトを盛り上げるか、着々と更新をし続けるしかないんです。

しかも着々と更新する中にオリジナリティも必要。
検索サイトなんて、もしオリジナリティもなくそのままでやっていくなら、今現存している検索サイトよりも情報量が多くなければ利用価値はありません。

しかも昔から今も現存している検索サイトは、さすがに残ることだけあって、何かしら工夫していたりするものです。
一発サーチもまた然り。評価してコメント残したり、ブログまではじめちゃったりして何とか生き残ってるんですw


・・と、まるで新入社員に「君たちははっきり言って、まだ役にたたないどころか邪魔なくらいだ。だから早く一人前になって戦力に欲しい。」といきなりへこませることを言う上司の言葉みたいですけど(笑)

いや本当に世の中そんなに甘くない!
それに早く気がついた人が勝ち残れたりするわけでして。


はぁ懐かしいですね、この言葉。
本人は頑張って役にたってるつもりだったんですが、邪魔とまで言われてへこんだ平成初期のバブルがはじけた頃あたりのことw

3日前の晩飯は忘れてしまうけど、こんな昔の言葉が今でも記憶に残ってます。
当時はただの嫌味にしか思えなかったのですが、いつしかそれが自分への期待とエールだったことに気がつきました。


一発サーチもこうありたい。期待とエールをこめて。
いやいや私が上司ってことじゃないですよ?(笑)
この世界じゃまだまだ平社員もいいところ。



それにしても記憶って不思議ですねぇ。
何十年も前のインパクトがあることなら当たり前ですけど、ほんの些細なこととかもひょっこり頭に浮かんだり。
夏休みに窓から見た雨の日の様子とか、ストーブの上のやかんの蓋がカタカタなる様子とか。

基本的に悲しい、物悲しいとか寂しいとかそんなのばかりが記憶に残る。
嬉しい楽しいはあまり残りません。
なぜでしょうね?
嬉しいこと楽しいことって、悲しいことよりかなり回数が多くて、覚えきれないのかもしれません。


ってことはかなり昔の嬉しい出来事を覚えてる人は、結構不幸だったのかもしれませんよ(笑)
copyright © 2005 Powered By DTIブログ allrights reserved